ホーム > 糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは、糖尿病が原因で目の中の網膜という組織が障害を受け、視力が低下する病気です。

糖尿病網膜症の症状と特徴

糖尿病にはいくつかの合併症がありますが、その中でも3大合併症の1つとされ、日本人が失明する原因でもかなり多くの割合を占めるのが糖尿病網膜症です。糖尿病により毛細血管にこぶができてしまうなどが原因で、症状としては黄斑症などが現れ、網膜剥離などに至る場合もあります。黄斑症・増殖網膜症の症状が現れた時には失明の危険もあります。

当然、この病気を防ぐには糖尿病を予防すること、また糖尿病や糖尿病の危険性を医師から忠告されたときには医師の指示に従い、血糖値などのコントロールをしっかり行うことです。糖尿病の症状を抑制することで、糖尿病網膜症の進行も遅らせることが可能であるとされています。

糖尿病網膜症の治療方法

糖尿病網膜症の治療は、網膜剥離や黄斑症など目の状態が悪い時はその眼科治療を行い、さらに糖尿病の対策を行わなければなりません。

網膜への治療としては、レーザーを用いた網膜光凝固術や、硝子体手術などが用いられています。薬物で治療をしていくこともありますが、網膜症がすでに進行している場合は、手術が主な選択肢となってくるでしょう。

網膜の症状がまだ進んでいない場合、まずはとにかく糖尿病であると診断された時点から生活習慣などに気をつけ、糖尿病や糖尿病に伴う諸疾患が悪化していかないよう予防することに尽きるでしょう。糖尿病と診断されても、その後予防に努めれば多くの場合糖尿病網膜症の発症は防ぐことができます。内科・眼科に定期的に通院し、経過を診察してもらいましょう。

網膜・硝子体の病気

眼科・レーシック医院を探す

地域を選択

治療内容を選択








  • レーシック専門医院 総合ランキング