ホーム > レーシックの基礎知識 > レーシック応用編 > 白内障の手術を受けたら、視力はどこまで回復する?

[PR]レーシック症例実績121万件、患者満足度98.6%、クチコミ1位の病院はコチラ

白内障の手術を受けたら、視力はどこまで回復する?

失明原因1位は緑内障。こんな症状が出たらすぐ病院へ

白内障は年配の方が発症しやすい有名な目の病気です。中には若い世代の方でも発症することがあり、視界不良や視力低下といった症状に悩まされてしまいます。しかし、きちんとした診察と手術をすることで完治できるので、放置しない限りは特に恐がる必要のない病気といわれています。

そんな白内障ですが、手術を受けることで病気を治すことは可能ですが、視力を取り戻すことはできるのでしょうか?今回は、白内障の手術を受けた後の視力はついてご紹介していきます。どのような目の病気なのかもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください

そもそも白内障ってどんな病気なの?

そもそも白内障ってどんな病気なの?

有名な目の病気として知られていますが、具体的にどんな症状が現れるのか、何が原因で視力・視界が悪くなるのかを知っていますか?誰がいつ発症するか予測できないので、発症しても早期発見ができるように、どういった病気なのかを知っておいた方が良いでしょう。ここでは、症状や原因には何があるのかについて、一つひとつご紹介していきます。

こんな症状が出たら要注意!

どんな病気でも初期症状というものがありますが、この病気は症状が進行しなければ自分で気づけない厄介な目の病気です。そのため、日々生活で少しでも視力や視界に違和感があった場合は、以下の症状に該当していないかを確認してみてください。

  • ・普段はなんともない光が異常に眩しく感じる
  • ・視界が霞んで見える、またはぼやけたり物が重なって見えたりする
  • ・急激に視力が落ちたように感じる
  • ・暗い場所に行くと視界が悪いと感じる

これまでなんともなかった光がやたら眩しいと感じるようになり、明るい場所に滞在することがツライと感じるようになるそうです。また、この病気は瞳の中にある水晶体が白く濁ることで視界不慮や視力低下を感じるのも、この病気の特徴です。人によっては急激に視力が低下したように感じることもありますし、水晶体の濁りが原因で暗い場所での視界が悪くなったと感じるようです。

最近視力が悪くなったという方でこれらの症状に該当する場合は、白内障を発症している可能性が非常に高いです!症状が悪化すると日常生活にも支障をきたすので、お近くの眼科クリニックで検査を受けてみてください。

発症する主な原因は年齢

現代の医学では明確なことはわかっていませんが、主な原因は年齢によるものではないかといわれています。というのも、患者さんには80代以上の方が多く、老眼になっている方が多いことから年齢が原因といわれています。

そのため、ほとんどの患者さんは「視力が悪いのは老眼だから仕方ない」と放置してしまう傾向があります。その結果、診察に来たときには症状がかなり進行していたというケースも少なくないそうですよ。

若い世代でも白内障になってしまう場合もある

発症の原因は加齢といわれていますが、中には若い世代でも発症する場合があるといわれています。この場合の原因としては、過去に目をケガしたことがある、家族や親戚に白内障経験者がいる、全身疾患を患っているというものがあるそうです。

また、普段から目をこするクセのある方も、発症しやすいことがわかっています。まぶた越しに眼球を圧迫してしまい、知らない間に眼球を傷つけることで炎症を起こすことで発症してしまうといわれています。

「自分は若いから大丈夫!」「もし発症するとしてもまだ先の話」そう思っているそこのあなた!もしかすると明日は我が身かもしれないので、年齢が若いからと油断してはいけません。もし、上記でご紹介した症状に当てはまるようなことがあった場合は、早急に眼科クリニックで診察・治療を受けましょう。

放置すると失明する場合もある

白内障は手術を受ければ完治できる目の病気ですが、放置してしまうと失明する可能性を持った意外と恐ろしい病気であることを知っていますか?病院へ行くことを面倒くさがったり、病院が嫌いという理由で診察を受けなかったりすると、取り返しのつかないことになってしまいます。特に、若い世代の方は症状の進行が早く、年配の方よりも早いスピードで症状が悪化するため注意が必要です。

手術を受ければ完治できる

症状を自覚した時点で眼科クリニックを受診して、手術を受ければ完治できる目の病気です。そのため、もし発症してしまったとしても、慌てる必要はありませんよ!きちんとした治療さえ受ければ恐い病気ではないので、症状を自覚した場合は病院で診察・手術を受けてみてくださいね!

手術ではどんなことをするの?

白内障は手術することで完治することがわかましたが、手術ではどのような治療を行なっているのかと気になる方は多いでしょう。しかし、手術は短時間で治療が終わるので、入院の必要がなく日帰りが可能となっています。

手術内容は視界がぼやける原因となる濁りをなくし、専用のレンズを角膜に装着します。手術後は専用の目薬を約3ヶ月間使用して、瞳や視界に問題がなければ完治したことになります。手術と聞くと大掛かりな治療を想像してしまいがちですが、日帰りができるほどの手術なので、あまり不安を感じる必要はなさそうですね!

手術を受けた後の視力はどうなるの?

今回の本題でもある白内障の術後の視力ですが、手術前との違いには何があるのでしょうか?手術では水晶体の濁りを取り除くため視界不良が改善されるのはわかりますが、視力そのものは回復するのでしょうか?ここでは、術後の視力は回復できるのか、手術前後での違いはあるのかなどについて調べた結果を、一つひとつご紹介していきます。

手術を受けた翌日には視力が回復している

手術を受けた当日は視力に変化はありませんが、個人差はあるものの基本的に手術の翌日には視力が回復しているという方が多いです。手術直後は治療によって眼球が傷ついているため、視力に支障が出てしまいます。しかし、瞳の中に濁りをなくして、専用のレンズを装着しているため、手術後には視力回復の効果が期待できるようですね!

半永久的に視力が衰えることはない

手術をうけることで眼内レンズを装着するため、手術後に問題がなければ半永久的に視力が衰えることがないといわれています。眼内レンズは別名「永久コンタクトレンズ」と呼ばれていて、角膜に装着するため脱着不要のコンタクトレンズのようなものです。常に身につけている状態なので、レンズを外さない限りは快適な視力を半永久的に保つことができるでしょう。

度数が合わないときは再手術で改善できる

使用する眼内レンズは、患者さん一人ひとりに合わせて作られるオーダーメイドとなるため、基本的に度数が合わないということないそうです。しかし、たまに度数が合わず術後も視力が回復できていないという方もいるそうです。

その場合は担当の医師に相談して、眼内レンズを取り替えてもらうように相談してみてください。ちなみに、眼内レンズはオーダーメイドなので、レンズが届くまでに時間がかかり、再手術までにある程度の期間が必要になります。

近視・遠視・乱視を改善できる

術後は近視・遠視・乱視などの症状も改善できます。これは角膜に装着する眼内レンズの効果で、かなりひどい近眼の方でも改善できるといわれています。そのため、年配の方でも正常な視力を取り戻すことがきて、コンタクトやメガネを使わない快適な生活を送ることができるでしょう。

しかし、近視・乱視などの改善は手術を受けた全ての方に効果があるとは限らないようです。人によっては近視や遠視が残ってしまうこともあるそうなので、年齢と共に衰える視力回復の効果を得られない場合もあるようです。本来は白内障を治す治療なので、視力を完全に取り戻すのは難しいのかもしれませんね。

手術を受ければ視力を回復できる!

手術を受ければ視力を回復できる!

手術では眼内レンズを使用するので、視力を回復させることができます。年齢と共に低下する視力を正常に戻すこことができるので、快適な生活を送ることができるでしょう。近視や乱視などの悩みも解消できる可能性が非常に高いので、手術後はメガネを使う必要がなくなるでしょう。。

ご紹介した症状に該当する方はまず検査を受けてみて、白内障と診断された場合は担当の医師とよく話し合い、完治と視力回復を目指して手術を受けてみてください。ちなみに、検査や治療を受けるのであれば、経験と実績が豊富な医師が担当してくれる「品川近視クリニック」がオススメです。一般人だけでなく芸能人も利用している病院なので、安心して治療を受けることができるでしょう。

レーシック応用編

眼科・レーシック医院を探す

地域を選択

治療内容を選択








  • レーシック専門医院 総合ランキング