ホーム > ドクターQ&A > レーシックでの弱矯正

[PR]レーシック症例実績125万件、患者満足度98.6%、クチコミ1位の病院はコチラ

目の悩みや病気について専門医がズバッと解決!

  • レーシックでの弱矯正

    icon

    質問者:AKIRA(滋賀県/男性/49歳)

    ・老眼。・裸眼視力0.05。・矯正(眼鏡)視力0.7。数日後にレーシック手術を控えてます。その際、眼鏡と同じく老眼への対応として近い距離での作業(パソコンなど)を快適にするため、弱矯正を希望しています。しかし、「非常にスイートスポットが狭い」ために、0.7を目指すのは困難とのこと。1.2や1.5は大丈夫なのに、0.7はダメというのは…原理・理由が理解できないので説明いただけると助かります。それと、1ジオプ云々弱く手術云々と、主治医が話していたのですが、どういう話の内容だったのでしょうか。

    関連キーワード: 更新日:2014-04-17

  • 更新日:2014-04-17

    icon

    ドクターEYE

    同じ近眼の強さといっても、裸眼視力は異なりますので、0.7の視力を目指すのはリアルに不可能に近いでしょうね。ジオプターというのはレンズの屈折力の単位です。1m先にピントのあった状態の近眼が1ジオプターとなります。これくらいの近視なら眼鏡がなくても日常生活がなんとか遅ることが出来るかと。

  • icon

    質問者:AKIRA(滋賀県/男性/49歳)

    ありがとうございます。来週には納得してレーシック手術を受けられる気がしてます。

レーシックの悩みを 口コミで評判のクリニックに相談する!!

品川近視クリニック レーシック累計症例数115万件、世界一の症例実績! 安心して施術を受けられるアベリーノDNA検査を 日本で唯一実施。 術後も安心な保障制度を提供しています。
詳しくはこちら

○関連する質問

○アクセス数の多い質問ランキング

眼科・レーシック医院を探す

地域を選択

治療内容を選択








  • レーシック専門医院 総合ランキング