ホーム > ドクターQ&A > 格闘技をやっているのですがレーシックは受けられますか?

[PR]レーシック症例実績125万件、患者満足度98.6%、クチコミ1位の病院はコチラ

目の悩みや病気について専門医がズバッと解決!

  • 格闘技をやっているのですがレーシックは受けられますか?

    icon

    質問者:ただし(千葉県/男性/29歳)

    私は格闘技をやっていますが、最近視力にとても不安を覚えるようになってきました。そこで、視力が回復するレーシック手術を受けてみようと考えています。ハードタイプだと危険すぎて論外ですが、ソフトタイプのコンタクトレンズをつけている方もいます。ただ、試合中に目の中でずれてしまうなどの理由でコンタクトレンズなどを着用しない方も多く、私も同じ理由で裸眼の方がいいのですが、レーシック手術は格闘技をしていても受けられるのでしょうか?

    関連キーワード: 更新日:2020-02-10

  • 更新日:2020-02-10

    icon

    ドクターEYE

    単刀直入に申し上げると、格闘技(特に顔や目に強い衝撃を受けるもの)をされていらっしゃる方は、レーシック手術で作ったフラップ(手術の時に目の表面に作る蓋状のもの)がずれてしまう危険があります。フラップは時間経過とともに手術前の状態に戻ってきますが、完全に元通りにはなりません。そこに衝撃を受けるとフラップがずれてしまう可能性が高く、痛みや視力の低下が伴い非常に危険です。
    格闘技をされていらっしゃるのであれば、レーシック手術よりもラゼックの方が適していると思います。ラゼックとは、レーシックのようなフラップをつくらず、角膜上皮をシート状にはがして、その下の角膜に直接レーザーを照射するものです。こちらの手術はスポーツや格闘技をされている方、または角膜の薄い方などレーシック手術が危険、適していない方も受けられる場合があります。ただ、レーシックと同様に角膜の状態によっては手術自体難しい場合もあるため、眼科やレーシック専門のクリニックで事前に相談や検査を行ってください。

  • icon

    質問者:ただし(千葉県/男性/29歳)

コンタクトは眼障害のリスク大!


コンタクトレンズを間違って使うと「眼障害」のリスク大!そんな不安を解消するには…

○関連する質問

○アクセス数の多い質問ランキング

眼科・レーシック医院を探す

地域を選択

治療内容を選択








  • レーシック専門医院 総合ランキング