ホーム > ドクターQ&A > 術後のフラップの状態について

[PR]レーシック症例実績125万件、患者満足度98.6%、クチコミ1位の病院はコチラ

目の悩みや病気について専門医がズバッと解決!

  • 術後のフラップの状態について

    icon

    質問者:中村ひろき(青森県/男性/25歳)

    レーシック手術後、フラップってどのくらいの強度でくっついているもんなんでしょう?角膜には血管がないし、角膜の上にのっかっているだけの状態なんでしょうか。先日、術後3年くらいの時にボールが当たってフラップがずれたという事例を聞いたので、思ったより簡単に外れるものなのか、気になってます。

    関連キーワード: 更新日:2014-03-18

  • 更新日:2014-03-18

    icon

    ドクターEYE

    フラップは大体において角膜表面の細胞(上皮細胞)の膜によって固定されている状態です。削られたフラップは術前の強度に戻ることはありませんが、削られた実質同士は密着しているので摩擦力などなどの力によってずれにくくなっています。

  • icon

    質問者:中村ひろき(青森県/男性/25歳)

    ご返答、ありがとうございます。別の質問になりますが、術後は手元=近いところが見えにくくなっちゃうんですか? 削る量を調整して遠方も手元も快適に見えるようにできたりは?

  • icon

    ドクターEYE

    20代なら近くが見えづらくなることについては心配しなくても大丈夫だと思います。気になりだすのは40代くらいからでしょう。削る量を調節して近くを見えるようにするのも一つの手ではありますが、その分、遠くのピントは甘くなることを注意しておかないといけませんね。

  • icon

    質問者:中村ひろき(青森県/男性/25歳)

    分かりました。色々勉強させていただき、ありがとうございました。

レーシックの悩みを 口コミで評判のクリニックに相談する!!

品川近視クリニック レーシック累計症例数115万件、世界一の症例実績! 安心して施術を受けられるアベリーノDNA検査を 日本で唯一実施。 術後も安心な保障制度を提供しています。
詳しくはこちら

○関連する質問

○アクセス数の多い質問ランキング

眼科・レーシック医院を探す

地域を選択

治療内容を選択








  • レーシック専門医院 総合ランキング