ホーム > ドクターQ&A > 飛蚊症について

[PR]レーシック症例実績125万件、患者満足度98.6%、クチコミ1位の病院はコチラ

目の悩みや病気について専門医がズバッと解決!

  • 飛蚊症について

    icon

    質問者:GameR(埼玉県/男性/29歳)

    網膜裂孔や網膜剥離で飛蚊症が増えたとします。その後、飛蚊症は増えたままになりますよね? それとも、時間経過とともになくなったりするものなんですか?

    関連キーワード: 更新日:2014-03-05

  • 更新日:2014-03-05

    icon

    ドクターEYE

    網膜裂孔の場合。網膜に穴が開くと、その上にある血管も破損して出血することがあります。この出血が飛蚊症が増えた原因だった場合、数時間でなくなる可能性もあります。逆に、ずっと残る飛蚊症になる場合も良くあります。

  • icon

    質問者:GameR(埼玉県/男性/29歳)

    早速のお返事、ありがとうございます。実は先日一回だけなのですが、いつもの糸状の飛蚊症→大きなクモの素状の飛蚊症→いつも通りの飛蚊症と変化したことがありました。これは孔が開いたからですか?また、何日くらい視野などに変化がなければ異常ナシと判断して良いですか? 孔が開いて即剥離する場合もあれば、何日も経過してから剥離する場合もあるんですか?

  • icon

    ドクターEYE

    「孔が開いて即剥離する場合もあれば、何日も経過してから剥離する場合もあるのですか?」その通りです。ですので、何日以内に異常がなければ大丈夫、ということはありません。近いうちに眼科で眼底検査をしておいた方が良いと思います。

  • icon

    質問者:GameR(埼玉県/男性/29歳)

    いつもと違う、クモの巣状の飛蚊症を見たのは数分で、その後はいつもの飛蚊症でした。それでも危険ですか?

  • icon

    ドクターEYE

    それだけの情報からは、危険度の判断は不可能です。いつもと違ったものが見えたのですから、何かが目に変化があったのかも知れませんね。眼科を受診して、それを確認するかどうかは、GameRさんが判断してください。

飛蚊症は治療できます!


飛蚊症のレーザー治療を品川近視クリニックが日本初導入!海外では120万円の治療をなんと初回5万円で提供!まずは、無料相談へ…

○関連する質問

○アクセス数の多い質問ランキング

眼科・レーシック医院を探す

地域を選択

治療内容を選択








  • レーシック専門医院 総合ランキング