ホーム > ドクターQ&A > ICLに年齢の制限はありますか?

[PR]レーシック症例実績125万件、患者満足度98.6%、クチコミ1位の病院はコチラ

目の悩みや病気について専門医がズバッと解決!

  • ICLに年齢の制限はありますか?

    icon

    質問者:あい(東京都/女性/51歳)

    ICLの対象年齢は45歳程度までだとインターネットで見ました。50歳以上だと受けられないのでしょうか?

    関連キーワード: 更新日:2020-03-27

  • 更新日:2020-03-27

    icon

    ドクターEYE

    ICLの手術に限らず、レーシック手術などもだいたい50歳から55歳くらいが上限の年齢となっています。
    これは老化による目の病気、緑内障や白内障などですね。このような眼病が出てきた場合、1度レンズを外して治療しなくてはいけません。費用やリスク、身体的負担を考えた場合、50歳から55歳が上限となってしまいます。また老眼による視力の変化や近視、遠視の症状が出てしまうと、より一層物が見にくくなってしまう可能性があります。
    もちろん、老眼による視力の変化を考慮して、軽度の近視に合わせた手術も可能です。40才以上の老眼年齢の方では、手元が比較的楽に見えるように完全矯正にせず、やや軽度の近視にあわせることもできます。
    50歳以上の方は手術を受けられないということはありませんが、白内障、老眼のことを考えると、やはり上限は55歳くらいになってしまいます。詳しくは担当される先生としっかりと相談をするようにしてください。

  • icon

    質問者:あい(東京都/女性/51歳)

    50歳以上でも受けることはできるようで驚きました。しかしやはり55歳くらいが限界なんですね。初めて知りました。
    確かに歳をとると白内障や老眼の症状が出てくると思います。あらかじめ近視を考慮してICLの手術を受けられるのは初めて知りました。近視になってしまうかと心配がありましたが、歳をとっていくとほとんどの人の場合、近視、老眼、白内障になることがあるとインターネットに書いてあったのも驚きです。
    近視を考慮したICLの手術も視野に入れていきたいので、その場合の費用の増減やリスクや気をつけなければならないことなども先生としっかり話し合ってきめていきたいと思います。
    丁寧な回答ありがとうございました。

○関連する質問

○アクセス数の多い質問ランキング

眼科・レーシック医院を探す

地域を選択

治療内容を選択








  • レーシック専門医院 総合ランキング